引越しの際のお掃除術

引越し見積りページへ

引越しに伴うお掃除は欠かせません。しかも新居・旧居の両方をやらなくちゃいけないから、
もたもたしてると日が暮れちゃいます。
ここで新居・旧居でのお掃除のポイントを押さえて効率よくお掃除しましょう。

旧居でのお掃除

壁・床・畳

畳やフローリングは掃除機を目に沿ってかけた後、雑巾で水拭きをしましょう。フローリングはその後ワックスがけをするとツヤが出ます。畳の場合は、水にお酢を入れたもので拭き、乾いた布でもう一度拭くと、きれいに仕上がります。さらに黄ばみがひどい時には、「みかんの皮」で煮出し汁を作ります。雑巾にその液をつけて固く絞り拭いてみましょう!

壁や床にできた傷は市販の補修剤を使って修復しておきましょう。
家具の重みで凹んだじゅうたんは、少し濡らしてドライヤーを使って毛を起こすと元通りに!柱や壁、床などに残ったクレヨンの落書きには「アイロン」を使います。落書きの上に当て布をし、その上から低温に設定したアイロンを押し当てます。そのあと住居用洗剤とクレンザーを混ぜた洗浄液を含ませた布で拭きましょう!すっきりときれいに取れます。

キッチン

ガス台、換気扇は取り外し可能なものはシンクでつけ置き洗いが一番、楽チンです。その間に他のお掃除ができちゃいます。壁などのしつこい油汚れは、薄めた洗剤を吹き付けてラップを張りつけ、しばらく放置してからこするときれいになります。ステンレスのさびには「漂白剤」もしくは「酢とクリームクレンザーを混ぜたもの」が効きます。根気よくこすって落としましょう。

トイレ・お風呂

これも汚れのひどいものにはつけ置きが有効です。洗剤をかけてからしばらく放置しておきましょう。浴槽は材質によって使う洗剤の種類もちがってくるので、洗剤の説明をよく読んでから利用してください。シャワーカーテン他のカビ、水道管のつまりなどもこの際、徹底的にチェックしてみましょう。

水拭きした後には、乾いた布で乾拭きもしておくとカビ防止にもなり、仕上がりもきれいです。また、複数の洗剤の使用や、つまった髪の毛などを溶かす洗剤は非常に強いので取り扱いにも充分な注意が必要です。掃除後は換気も充分にしておきましょう。

窓ガラス

窓や鏡は古新聞を使いましょう。洗剤を使わなくても新聞紙と水だけで充分!バケツなどに水を入れ、新聞紙をひたしておき、どんどん使っていきましょう。(なんせタダですからね!)しつこい汚れがある部分は、しばらく貼りつけてから拭き取ります。
またハトのふんなどのこびりつきは、少し湿らせた後、使用済みのテレフォンカードなどで擦り取ると意外にラクに落とせます。

新居でのお掃除

換気

新居に着いたらまず換気をしましょう。塗装などの匂いが残っていることもあります。また、「窓を開けっ放しにして風通しを良くする」という意味でも引越し当日よりも前の天気の良い日を選んで掃除をしに来ると良いでしょう!

壁・床・畳

掃除機をかけた後、雑巾で水拭きしましょう。きれいに見えても、雑巾が真っ黒になったなんてことも少なくないようです。また家具が入る前であれば、隅々まで楽に掃除ができますのね。但し、気をつけたいのは掃除用具は持参で行かなくてはいけません。くれぐれも忘れないように!!

トイレ・お風呂

床同様、意外と汚れていることがあるのがこの2つ。自分が使う前にきちんと掃除しておきたいですね。トイレ・お風呂共には通常の掃除の要領の掃除で大体は充分!また排水溝などもチェックしてみてください。

害虫駆除

家具がないうちに済ませれば、楽だし効果もより上がります。市販の駆除薬を説明書通りに利用しましょう。またその後の換気、掃除機も忘れずに!

引越し見積りページへ
Copyright (C) 2004-2007 引越しネット All Rights Reserved.